初心者の方でもはじめられる|資産運用の基本を学ぶ

株式

資産形成の基本的心構え

グラフ

お金を大切にする心が基本

初心者の資産運用は、お金に対する価値観を高める事が先ず必要である。収入から生活費等必要経費を除き、余った分を貯蓄していくのでは、上手な資産運用とはいえない。初心者は、気付いていないかもしれないが、お金を使う事の方を優先していたのでは、お金を欲しいものを得る為の交換媒体として捉えていて、安易に手放すようなら大切にしているとはいえない。収入から、先ず最初に、少なくても一割以上貯蓄に割り当て、残りで生計を企てるように習慣化することが大切である。初心者が資産運用を始めるに当って先ず身に付けるべきは、貯蓄優先の習慣化である。大切なものを常に身近に置く姿勢はお金に好かれる為の条件でもある。初心者にとって、資産運用の前に身につけておくべき基本的心構えである。

お金との上手な付き合い方

お金を大切に取り扱う基本姿勢を身につけることは、初心者が資産運用を考えるに当って必修の要件と言える。少なくとも決められた貯蓄額を毎月蓄積し、2,3年分の生計を賄える分だけ蓄積してからが、資産運用を始める時期になる。収入が増えても、生活レベルを向上させる為に使うのではなく、その分貯蓄額を増やし、あくまで貯蓄優先の姿勢は崩さないことである。3年分以上の貯蓄が出来たら、貯蓄額の一定額を毎月投資用資金として活用できるようになる。毎月、一定額をインデックスファンドに投資していくことで、株価の変動の影響を気にせず資産を増やす事ができる。株価が下がれば、購入する株数が増すだけで、長期的に保有する事によって有利に働くようになるからである。

資金の預入先を考える

女性

資産運用の初心者にとっては、様々な商品がありますが、まずは少額から始められる投資信託は非常に人気です。プロにお任せし、手軽に分散投資が可能など人気の理由は多々あります。なおコストを比較するなど、一工夫することで、人とは違った成果を得られる可能性もあります。

詳しくはこちら

バランス型投資信託

スマイル

資産運用の初心者にはバランス型投資信託がオススメです。バランス型投資信託は、株式と債券の両方へ分散投資が可能となっています。バランス型投資信託では海外を対象とした商品があるため、一つの金融商品を購入するだけで長期の資産運用ができるようになります。

詳しくはこちら

初めての株式投資

男性

資産運用の初心者では、個別株を株価が上昇しているからという理由で買わないように注意したいです。また、事業内容が分からない企業にも投資をしない方が良いです。個別株においては、身の回りの馴染みのある企業を選んだ方が上手くいくことが多くなっています。

詳しくはこちら